Asian Music PROJECT

 

SWW (SUNDRUM With the World)

SUNDRUM With the Worldとは、パーカショニスト坪内敦を中心に集まった音楽家とダンサーによる遊動音楽家集団SUNDRUMによるプロジェクトです。

 

「現代のアジア人音楽を創り出す」

アジアで遊ぶ、世界で遊ぶ。をテーマに2016年、東アジアを出発したこのプロジェクトは、SUNDRUMのメンバーが、アジア各地を訪問し、伝統音楽や現地文化をリサーチし、学び、現地の音楽家たちと一緒に「現代のアジア人音楽」を創り出すプロジェクトです。

 

「SWW始まりの経緯 – これまでの音楽とこれからの音楽」

19世紀〜20世紀にかけて、移動手段やメディアの発達により世界の人々の交流が進み、20世紀後半にはアメリカ大陸を中心にヨーロッパの音楽とアフリカをルーツに持つ黒人音楽が融合し、現代ではロックやブルースやファンクなどと呼ばれる世界中の人々が共有する大きな共通音楽となり、今もなお、世界中に広がり続けています。まさに20世紀の終わりに生まれた私たちはこういった音楽に大きな影響を受け育ちました。

私たちSUNDRUMのメンバーも、多分に20世紀後半にアメリカ大陸で起きた音楽革命に影響を受けて音楽を始めました。その後、数年間に渡りアジア各地での音楽活動を経て、「この先、アジアではどのような音楽革命が起こるのだろうか?」という疑問にかられるようになりました。20世紀にアメリカ大陸で起きたヨーロッパ音楽とアフリカ音楽の融合、そして、21世紀にはアジアで何が起こるのか、いや起こすのか。

そこで、SUNDRUMのメンバーは、2016年より、東アジアの台湾と韓国を皮切りに、アジア各地の人々とのレコーディングプロジェクトを始めました。それが、このSWWです。

 

「SWW – 第一弾台湾編 / 第二弾韓国編」

台湾編では、今もなお自然と共に生きる台湾原住民たちの美しい歌声や踊りとの交流を経て2016年にCDアルバム「愛台湾」を、韓国編ではアフリカからの影響をとても強く感じる独特のリズム持つ韓国農楽の演奏家たちとのコラボレーションや、韓国各地の伝統楽器奏者等との交流を経て2017年にCDアルバム「KoreaFrontier」を発表しました。

 

「SWW – 第三弾マレーシア編」

そして、2018年は東南アジアに向けて出発します。1月からリーダー坪内敦がマレーシアに渡りリサーチを開始し、マレーシアの芸能の宝庫と呼ばれるクランタン地方の音楽家たちとの交流を目指し現地の方々と交流を深めていきます。彼らとの交流を通して、新たな作品が発表される予定です。

 

「SWW – 支援金のお願い」

SWWでは、海外に渡る活動資金を集めております。皆様からの支援金は、旅費を始め、現地での録音や成果物CDプレスなどの制作予算として、使わせていただいております。現在は支援金のお礼として、〇〇と〇〇を準備しております。

皆様、是非応援よろしくお願いいたします。